建具記号の集計と番号の自動割り当て

JG_建具記号 建具記号の読み取り画面

JwCADで建具キープランを作成する際に、外部変形である「JG_建具記号」を使用すると、入力済みの建具記号を種類ごとに集計したり、番号を自動で割り当てることができます。

集計機能を利用すると、重複する番号をチェックしたり、末尾の番号を容易に確認することができて便利です。また、番号の自動割り当てを機能を用いると、キープランへの手入力が建具種別のみで済むので作業効率を高められます。

ソフトウェアサイトVectorからダウンロードする場合はこちら

CADソフトやBIMのなかには、建具記号をブロック図形やファミリーとしてあらかじめ登録することが必要ですが、このツールでは、図形を事前に登録することなく建具記号の集計等が行えます。

一般的な建具記号

建具記号の図形の種類は、円と楕円、六角形の概ね3タイプがあるかと思いますが、このツールでは正円タイプのみが検索可能です。

JG_建具記号 集計結果(A図)

集計した建具記号は種別ごとにリスト化されるので、重複する番号や、欠番を確認できます。また、集計結果はEXCELに出力することができます。

JG_建具記号 EXCEL出力

補助的な機能として、建具表回りに記載した防火仕様や防音性能などの注釈を取り出すことができます。建具記号の右側にある文字で、あらかかじめ注釈略号として登録した文字が対象です。

また、このツールでは建具番号を自動的に割り振ることができます。「AW」や「SD」といった建具種別のみを記載しておき、最後に一括して番号を割り当てことでが可能です。

JG_建具記号 記載設定(B図)

番号は2桁か3桁かを選択できます。

JG_建具記号 建具番号の無い建具記号

                    

JG_建具記号 3桁の建具番号を自動で記入した画面

操作方法は、以下の通りです。

【1】zipファイルを解凍し、JWWファイル内または任意の場所に保管します。

【2】Jw_cadの[その他]メニュから外部変形コマンドを選択します。

【3】ファイル選択で、保管した場所にある「JG_建具記号」フォルダ内の建具記号.BATをクリックします。

【4】Jw_cadのトップメニュー下に、「建具記号を一括選択」と表示されるので、建具記号を含む図面を全て選択し、「選択確定」ボタンを押します。

JG_建具記号 読み取り通知

【5】「通知」メッセージが表示され、選択できた建具記号の数と、その内訳(①建具符号、②建具番号)が表示されるので、確認し「OK」ボタンを押します。

【6】作業選択フォーム(A図左側)が立ち上がるので、「種類ごとに集計する」か、「番号を自動で割当てる」か選択します。

 <「種類ごとに集計する」を選択した場合>

【A】集計結果フォーム(A図右側)が立ち上がり、選択した建具略号と建具番号のセットが昇順で表示されるので、確認し「OK」ボタンを押します。Excelに書き出す場合はチェックボックスにチェックを入れます。

 重要:建具略号として認識される文字は、フォルダー内の「建具略号.txt」にあらかじめ標準略号として登録されています。新たに追加、または変更する場合はこのテキストファイルを編集してください。

JG_建具記号 建具略号登録ファイル

 補足:建具記号に番号がなく略号のみの場合は表示されません。(「:」のみ表示されます。)

 <「番号を自動で割当てる」を選択した場合>

【B】記載設定フォーム(B図右側)が立ち上がるので、桁数が「2桁」が「3桁」か、番号の位置が略号に対して「上」か「下」か選択します。また使用する文字種(「1~10」)と、開始番号を入力します。

 補足:文字種は1~10以外の番号を入力すると現在設定で描画されます。すでに番号が付いている記号があっても再度番号が割り当てられます。記載されるレイヤは現在設定のレイヤグループ及びレイヤとなります。 

平均天井高さ算定図の作成

JG_平均天井高 実行画面

平均天井高さというのは、比較的簡単な手計算で求められはするものの、確認申請用に算定図を作成しようとすると意外に面倒なものです。このスレッドでは、簡単な操作で平均天井高さの算定用平面図(天井伏図)や断面図、アイソメ図、算定表などが自動作成できる外部変形「JG_平均天井高」を紹介します。

R5/1/17リリースの新バージョン(1.4)では、一つのコマンドで長方形と三角形の入力が行えるようなりました。

バージョン1.3は従来通りのメニュー構成です。

ソフトウェアサイトVectorからダウンロードする場合はこちら(旧バージョンのみ)

JG_平均天井高 平均天井高さ算定用平面図

平面図または天井伏図で任意のポイントに高さを入力すると、算定で必要になる部屋の寸法や高さ情報、断面線が平面図に描画され、算定用断面図とアイソメ図、算定表が順に描画されます。

JG_平均天井高 平均天井高さ算定表

算定された平均天井高さは、断面図に描画されます。

JG_平均天井高 算出された平均天井高さが記載された断面図

断面が切られる位置は自動的に決まります。例えば形の異なるボリュームが二つ並列した場合、異なる天井高さが全て反映される位置に設定されます。

算定表を見ると分かりますが、このツールでは、室容積を室面積で割って平均天井高さを求めます。

どのような空間でもこの方法で算定できますが、複雑な計算を用いると確認申請に提出できないため、入力できる形態には以下の2通りの制限があります。

A.平面形が長方形か三角形であること

B.立体形状に規則性があること

Aについて補足しますと、どのように複雑な平面でも、長方形と三角形に分割できれば算定できます。

JG_平均天井高 ボリュームの分割例

分割の方法は自由ですが、分割された立体の容積が個々に算出できるように分割して下さい。

容積を算定できる規則性を持つ形態は、以下の5タイプです。

1.直方体

2.直方体をその一辺に平行な面でカットしたもの

3.一点のみが高い四角錐

4.一点のみが低い四角錐

5.対角にある二点の高さが同じで稜線をつくるもの

底面が長方形の様々な立体(A図)

逆に容積を算定できないものは以下の通りです。

・A図の5の立体のうち対角にある点の高さのいずれかが異なるもの(A図の6)

・A図の5の上面の稜線が谷となるもの(A図の7)

・上面の形態が1~7のどれにもあてはまらないもの(A図の8(例))

ただし、算定ができない6~8のパターンにおいても、底面の長方形を二つの三角形に分割すると入力が可能になります。言い換えますと、底面が三角形で垂直に立ち上がった立体については、上面がどのようなかたちでも入力が可能です。

底面を三角形に分割した例

またこのツールでは、部屋の床レベルが一部異なる場合にも対応しています。

JG_平均天井高 床高さが異なる場合

床レベルが異なる場合の天井高さの平均の取り方は以下の3通りが考えられます。

①個々の床レベルからの天井高さの平均

②最も高い床面からの天井高さの平均

③最も低い床面からの天井高さの平均

建築の実務として使用する場合は①と②になるかと思います。①は、一般的な居室の天井高さの算定(建築基準法の平均天井高さに相当)に用い、②は、避難安全検証法におけるHroomの算定に使用します。

このツールは、①と②を選択することができます。

① 床の高さが異なる場合の居室の天井高さの算定(B図)

①の居室の天井高さの算定(B図)においては、床の段差が異なっても平均天井高さの値に変化はありません。

② 避難安全検証法におけるHroom(最も高い床面からの平均天井高さ)の算定(C図)

②のHroomの算定においては、床の段差が異なると平均天井高さ(=Hroom)も異なってきます。C図のような場合、床の段差が大きくなると平均天井高さは小さくなります。

次に、ボリュームごとに床の高さを入力できる機能を利用した、折り上げ天井の算定について紹介します。

折り上げ部が片流れになった天井

上図のような折り上げ天井(折り上げ部の天井形状はA図の1~5のタイプから選択できます)を算定する場合、中央部の高天井部分と周囲の低い天井部分に分けて算定する方法もありますが、それだとボリューム分けが多くなってしまいます。床高さを設定できる機能を利用して、下のボリュームの上面に上のボリュームが載っていると考え、上のボリューム(折り上げ部)の床レベルを下のボリュームの天井レベルに設定します。

折り上げ天井のボリューム入力:(2)の床レベルを(1)の天井高さに設定する
JG_平均天井高 折り上げ天井の場合の算定用アイソメ図(Ver.1.1以降)

そうすることで折り上げ天井として平均天井高さ算定が行われます。

JG_平均天井高 折り上げ天井の場合の算定用断面図

JG_平均天井高 チュートリアル ~操作の流れ~

操作方法(Ver1.4)は、以下の通りです。

【1】ダウンロード後、zipファイルを解凍し、JWWファイル内または任意の場所に保管します。

【2】Jw_cadの[その他]メニュから外部変形コマンドを選択します。

【3】ファイル選択で、保管した場所にある「JG_平均天井高」フォルダ内の「平均天井高.BAT」をクリックします。

 注意:旧バージョンでは、フォルダー内には、「平均天井高.BAT」のほかに「連続入力.BAT」もあります。「連続入力.BAT」は、ボリューム入力を中断後再開する際に使用します(新バージョンでは使用しません)。

JG_平均天井高 外部変形の選択

【4】Jw_cadのトップメニュー下に、「図表配置」と「頂点入力」、「データ確認」のメニューが表示されるので、「頂点入力」を選択します。次に平面図または天井伏図の部屋のポイントを時計回りで順にクリック(左クリック (L)で任意点、右クリック (R)で読取点)します。長方形の場合は4点、三角形の場合は3点を入力します。

旧バージョンでは、「長方形を入力」と「三角形を入力」のメニューが表示され、どちらかを選択していましたが、新バージョンでは「頂点入力」メニューに統一されました。また、図表の配置点の位置決めは、最後に「図表配置」を選択して行うことになりました。

JJw_CADトップメニュー下の図形選択メニュー(新バージョン)
JJw_CADトップメニュー下の図形選択メニュー(旧バージョン)

次に部屋のポイントを時計回りで順にクリック(左クリック (L)で任意点、右クリック (R)で読取点)します。長方形の場合は4点、三角形の場合は3点を入力します。

JG_平均天井高 ボリュームの入力方法

補足:バージョン1.2以降は反時計回りの入力も可能になりました(ただし交差することはできません)。

【5】新バージョンは省略。(旧バージョンではJw_cadのトップメニュー下に、「@算定図(表)配置基準点を指示」と表示されるので、高さ確認用簡易アイソメ図及び断面図、算定表を配置する基準点をクリックします。)

JG_平均天井高 「天井高さ入力」フォームが

【6】「天井高さ入力」フォームが立ち上がるので、右側の①ポイントリストから番号を選択(複数選択可)し、その下のCH入力ボックスに天井高さをmm単位で記載します。4点ないしは3点の記載が完了した際は「入力」ボタンを押します。また床の高さがFL±0でない場合は、②床の高さまたはボリューム下端の高さを入力します。最後に「形状確認了(次へ)」ボタンを押します。 

補足:床の高さは1のみ入力可能です。床の高さが異なるエリアは別のボリュームとして入力します。また、折上天井の場合は下部の天井の高さ(=折上部分のボリューム下端の高さ)を入力します。

JG_平均天井高 アイソメ図による形状確認

【7】「形状確認(アイソメ図)」フォームが立ち上がるので、メニュー欄中央の「左」「右」「上」「下」ボタンを押し形状を確認します。次に、他のボリュームを入力する場合は、「次のボリュームを入力」ボタンを押します。ボリュームが1の場合または全てボリュームの入力が完了している際は、「入力完了」ボタンを押します。

 <「次のボリュームを入力」を選択した場合>

【7b】Jw_cadに戻り、【4】トップメニュー下の「頂点入力」の選択から再開します。

 補足:この段階でいったん作業を中断することができます。再開する際は「頂点入力」を選択して再開します。新規に入力する際は、トップメニュー下の「データ確認」を選択し、データを初期化します。

 <「入力完了」を選択した場合>

JG_平均天井高 記載設定フォーム

【8】記載設定フォームが立ち上がるので、高さ確認用図面を選択から、簡易アイソメ図か断面図を選択します。両方選択することも可能です。次に記載仕様から、線(色)番号(1から9まで)と文字種(1から10まで)を入力します。次にレイヤグループから、描画グループ(0からFまで)と描画レイヤ(0からFまで)を入力します。最も高い床面から算定する場合は、フォーム上側の当該チェックボックスにチェックを入れます。作成した算定表をExcelに出力する場合は、フォーム下側の当該チェックボックスにチェックを入れます。

 補足①:断面図が描画できるのは2ボリュームまでで、共に長方形でありさらに天井形態が特定できる場合に限られます。断面図が描画可能な場合は、ポイントをクリックした平面図(または天井伏図)に断面線が描画されます。

 補足②:文字種及び線(色)番号は、1から10(9)以外の番号を入力すると現在設定で描画されます。レイヤグループは0からF以外の番号(又は記号)を入力すると現在のレイヤグループに描画されます。 

【9】「OK」ボタンを押すと、Jw_cadの画面の【4】でポイントを読み取った平面図または天井伏図に部屋の寸法とポイントの高さ、及び断面線(断面図記載の場合)が描画されます。

JG_平均天井高 「頂点入力」の完了と同時に元の位置に描画される各注釈

【10】Jw_cadのトップメニュー下のメニューから「図表配置」を選択する。「@算定図(表)配置基準点を指示」と表示されるので、任意の位置をクリックします。【9】までの行程で作成された高さ確認用算定図(簡易アイソメ図及び断面図)と算定表が配置されます。

JG_平均天井高 メニュー「図表配置」で任意の位置に配置する高さ確認用算定図と算定表

 補足:簡易アイソメ図の左上を基準に、その右側に断面図、さらに右側に算定表がレイアウトされます。

 注意:一度配置するとデータは全て初期化されます。

 参考:「データ確認」メニューを押すことで、データが累積しているか、初期化されているかを確認することができます。

車両軌跡図の作成

ロータリーやバックヤードの車の回転、出入口の幅員などを検討する際に、平面図に車の軌跡を描いて確認すると思いますが、Jw_CADで様々な車の回転の軌跡を簡単につくることができる外部変形「JG_車両軌跡」を紹介します。

車両タイプは軽自動車から大型トラックまで11種類の標準タイプが揃っているほか、車体のサイズや回転半径、車輪の位置などの各部寸法を任意に編集して描画することができます。

作図設定として、外接円、内接円、車両軌跡を描画するか選択することができます。また、回転角度、車両の描画間隔を度数で設定することが可能です。バージョン1.1からは、基準位置に車軸(前輪と後輪の位置)が記載できるようになり、回転方向が分かりやすくなりました。

ソフトウェアサイトVectorからダウンロードする場合はこちら

JG_車両軌跡 チュートリアル ~操作の流れ~

操作方法は、以下の通りです。

【1】zipファイルを解凍し、JWWファイル内または任意の場所に保管します。

【2】Jw_cadの[その他]メニュから外部変形コマンドを選択します。

【3】ファイル選択で、保管した場所にある「JG_車両軌跡」フォルダ内の車両軌跡.BATをクリックします。

外部変形_車両軌跡.BATの選択

【4】Jw_cadのトップメニュー下に、◎配置基準点指示と表示されるので、点をクリック(左クリック(L)で任意点、右クリック (R)で読取点)します。

Jw_cadのトップメニュー下の操作表示

【5】作図設定フォームが立ち上がるので、Ⅰ車両種別のリストにある11タイプの車両( ①軽自動車 ②小型乗用車(5ナンバー)③普通乗用車(3ナンバー)④普通乗用車(高級車) ⑤マイクロバス(定員15人) ⑥小型バス(定員29人) ⑦中型バス(定員64人)、大型バス(定員92人)、小型トラック(2t)、中型トラック(4t)、大型トラック(8t)、大型トラック(11t))の中から該当する車種を選択し「Ⅰ車両決定」ボタンを押します。該当する車種が無い場合はⅡ部材寸法で任意の値を入力します。

 

JG_車両軌跡 作図設定フォーム

【6】【5】で「Ⅰ車両決定」ボタンを押すと、Ⅱ部材寸法(車体の長さ、車体の幅、オーバーハング前、オーバーハング後、輪距、最小回転半径)の各ボックスに標準値が自動入力される。確認後、変更する項目がある場合はボックスに任意の数値を入力します。【5】で車両タイプを選択しない場合は、各ボックスに任意の数値を手入力します。

【7】Ⅲ作図仕様の外接円、内接円、車両軌跡、車軸(起点車両)を描画するか設定します。描画する場合は、描画内容(外接円、内接円、車両軌跡、車軸)の各チェックボックスにチェックを入れます。最後に、回転角度と描画間隔を度数で設定します。

【8】「完了」ボタンを押すとJw_cadの画面に車両の回転軌跡が描画されます。

 補足:線(色)番号は現在設定が採用されます。

すぐに使える三斜求積図

三斜求積図と求積表を作成するJw_CAD外部変形の「JG_三斜求積」を紹介します。多角形を自動的に三角形に分割し、求積図と求積表を同時に作成します。三角形の分割方式を複数パターン作成できることと、用途に合わせて二種類の求積表を選択できるのが特徴です。

ソフトウェアサイトVectorからダウンロードする場合はこちら

エリアを三角形に分割の際に、エリアの形状が入り組んでいると最後に扁平しすぎた三角形が残ってしまい、求積図が見づらいものになったり、面積の誤差が大きくなるなど弊害がでることがあります。

扁平した(つぶれた)三角形が発生する

このツールでは、三角形の分割方式を、一方向に規則的に分割する方式と、乱数を使用して三角形をランダムに分割する方式を選択できます。どちらも元の多角形から三角形のピースを一つずつ削ぎ落としていくイメージですが、乱数を使用する場合は、最初にクリックする頂点の位置によって異なる結果が得られます。また乱数を使用する際は、ピースの切り出しをランダムに数十回行いその中から扁平の少ない分割パターンを選択して最適な求積図が作成できるようになっています。

乱数を使用した扁平三角形の少ない分割

求積表のタイプは、個々に実面積を集計するタイプと、倍面積を集計するタイプから選択できます。

JG_三斜求積 倍面積による求積表
JG_三斜求積 実面積による求積表

これらの求積図と求積表はExcelに書き出すことができるので、独自に編集を行いJw_CADに戻すことができます。戻す際にはJG_Excel表変換が利用できます。

JG_三斜求積 Excel出力画面

操作方法は、以下の通りです。

【1】zipファイルを解凍し、JWWファイル内または任意の場所に保管します。

【2】Jw_cadの[その他]メニュから外部変形コマンドを選択します。

【3】ファイル選択で、保管した場所にある「JG_三斜求積」フォルダ内の三斜求積.BATをクリックします。

【4】Jw_cadのトップメニュー下に「◎多角形の頂点を読み取り」と表示されるので、求積する多角形の頂点を順にクリック(左クリック (L)で任意点、右クリック (R)で読取点)し、最後に「点指示終了」ボタンを押します。

【5】Jw_cadのトップメニュー下に「◎求積表基準点(左上)を指示」と表示されるので、任意点をクリックします。

【6】記載設定フォームが立ち上がるので、三角形の自動分割方式として乱数を使用する場合は「乱数を使用して三角形に分割する(最適解を得る)」チェックボックスにチェックを入れます。チェックを入れない場合は一方向に規則的に分割する方式となります。次に求積表のタイプを「倍面積を集計」、「実面積を集計」のどちらかから選択します。「実面積を集計」を選択した場合で表の上欄に名称を記載する際はチェックボックスにチェックを入れた上でテキストボックスに名称を記入します。
次に描画設定を行います。倍面積の小数点の桁数と線(色)番号(1から9まで)及び文字種(1から10まで)を入力します。また、求積表をExcelに書き出す場合はチェックボックスにチェックを入れます。

JG_三斜求積 記載設定フォーム

追記①:三角形の分割方式はいったんは乱数を使用せずに算定することを推奨します。一部の三角形が扁平しすぎて寸法が読みずらい場合に乱数による最適化を試行して下さい。乱数を使用しない方が全体的な規則性は得られます。また乱数を使用しない場合は頂点クリックをどこから始めても結果は同じですが、乱数を使用する場合は最初にクリックする頂点の位置によって異なる結果が得られます。集計後の面積の違いは微量です。

追記②:「実面積を集計」において表の上欄に名称を記載する機能については別ソフト「JG_室別面積」と併用して使用する際に有効となります。

補足:線(色)番号及び文字種は1~9(10)以外の番号を入力すると現在設定で描画されます。
       
【7】「OK」ボタンを押すと、Jw_cadの画面に三斜求積図と求積表が描画されます。