月: 2022年5月

JG_車両軌跡

ロータリーやバックヤードの車の回転、出入口の幅員などを検討する際に、平面図に車の軌跡を描いて確認しますが、JG_車両軌跡は、その軌跡図を簡単につくるJw_CADの外部変形(ソフト)です。車両タイプは軽自動車から大型トラックまで11種類の標準タイプが揃っているほか、これらの各部の寸法を任意に調整してカスタマイズすることができます。

作図設定として、外接円、内接円、車両軌跡を記載するか選択することができます。また、回転角度、車両の描画間隔を度数で設定することが可能です。

JG_車両軌跡 実行画面(上:車両軌跡のみ、左下:外接円有、右下:内接円有)

操作方法は、以下の通りです。

【1】zipファイルを解凍し、JWWファイル内または任意の場所に保管する。

【2】Jw_cadの[その他]メニュから外部変形コマンドを選択する。

【3】ファイル選択で、保管した場所にある「JG_車両軌跡」フォルダ内の車両軌跡.BATをクリックする。

外部変形_車両軌跡.BATの選択

【4】Jw_cadのトップメニュー下に、◎配置基準点指示と表示されるので、点をクリック(左クリック(L)で任意点、右クリック (R)で読取点)する。

Jw_cadのトップメニュー下の操作表示

【5】作図設定フォームが立ち上がるので、Ⅰ車両種別のリストにある11タイプの車両( ①軽自動車 ②小型乗用車(5ナンバー)③普通乗用車(3ナンバー)④普通乗用車(高級車) ⑤マイクロバス(定員15人) ⑥小型バス(定員29人) ⑦中型バス(定員64人)、大型バス(定員92人)、小型トラック(2t)、中型トラック(4t)、大型トラック(8t)、大型トラック(11t))の中から該当する車種を選択し「Ⅰ車両決定」ボタンを押す。該当する車種が無い場合はⅡ部材寸法で任意の値を入力する。

 

JG_車両軌跡 作図設定フォーム

【6】【5】で「Ⅰ車両決定」ボタンを押すと、Ⅱ部材寸法(車体の長さ、車体の幅、オーバーハング前、オーバーハング後、輪距、最小回転半径)の各ボックスに標準値が自動入力される。確認後、変更する項目がある場合はボックスに任意の数値を入力する。【5】で車両タイプを選択しない場合は、各ボックスに任意の数値を手入力する。

【7】Ⅲ作図仕様の外接円、内接円、車両軌跡を描画するか設定する。描画する場合は、描画内容(外接円、内接円、車両軌跡)の各チェックボックスにチェックを入れる。最後に、回転角度と描画間隔を度数で設定する。

【8】「完了」ボタンを押すとJw_cadの画面に車両の回転軌跡が描画される。

補足:線(色)番号は現在設定が採用されます。

JG_三斜求積

JG_三斜求積は、三斜求積図と求積表を作成するJw_CADの外部変形です。三斜求積の外部変形はJw_CADに付属していますが、やや物足りなさを感じていたため、いくかの機能を追加したツールをつくりました。特徴の一つは、求積するエリアの頂点をクリックすることで、エリアを複数の三角形に自動分割できる点です。

JG_三斜求積 実行画面

三角形の分割方式は、一方向に規則的に分割する方式と、乱数を使用して三角形をランダムに分割する方式を選択できます。どちらも元の多角形から三角形のピースを一つずつ削ぎ落していくイメージですが、切り分けていくと最後に扁平しすぎた三角形が残ってしまい、求積図が見づらいものになったり、面積の誤差が大きくなるなど弊害がでることがあります。

扁平した(つぶれた)三角形が発生する

このツールでは、乱数を使用してピースの切り出しをランダムに数十回行い、その中から扁平の少ない分割パターンを自動的に抽出して最適な求積図がつくれるようになっています。

乱数を使用した扁平三角形の少ない分割

求積表のタイプは、個々に実面積を集計するタイプと、倍面積を集計するタイプから選択できます。

JG_三斜求積 倍面積による求積表
JG_三斜求積 実面積による求積表

これらの求積図と求積表はExcelに書き出すことができるので、独自に編集を行いJw_CADに戻すことができます。戻す際には、JGシリーズのJG_Excel表変換が利用できます。

JG_三斜求積 Excel出力画面

操作方法は、以下の通りです。

【1】zipファイルを解凍し、JWWファイル内または任意の場所に保管する。

【2】Jw_cadの[その他]メニュから外部変形コマンドを選択する。

【3】ファイル選択で、保管した場所にある「JG_三斜求積」フォルダ内の三斜求積.BATをクリックする。

【4】Jw_cadのトップメニュー下に「◎多角形の頂点を読み取り」と表示されるので、求積する多角形の頂点を順にクリック(左クリック (L)で任意点、右クリック (R)で読取点)し、最後に「点指示終了」ボタンを押す。

【5】Jw_cadのトップメニュー下に「◎求積表基準点(左上)を指示」と表示されるので、任意点をクリックする。

【6】記載設定フォームが立ち上がるので、三角形の自動分割方式として乱数を使用する場合は「乱数を使用して三角形に分割する(最適解を得る)」チェックボックスにチェックを入れる。チェックを入れない場合は一方向に規則的に分割する方式となる。次に求積表のタイプを「倍面積を集計」、「実面積を集計」のどちらかから選択する。「実面積を集計」を選択した場合で表の上欄に名称を記載する際はチェックボックスにチェックを入れた上でテキストボックスに名称を記入する。
次に描画設定を行う。倍面積の小数点の桁数と線(色)番号(1から9まで)及び文字種(1から10まで)を入力する。また、求積表をExcelに書き出す場合はチェックボックスにチェックを入れる。

JG_三斜求積 記載設定フォーム

追記①:三角形の分割方式はいったんは乱数を使用せずに算定することを推奨します。一部の三角形が扁平しすぎて寸法が読みずらい場合に乱数による最適化を試行して下さい。乱数を使用しない方が全体的な規則性は得られます。また乱数を使用しない場合は頂点クリックをどこから始めても結果は同じですが、乱数を使用する場合は最初にクリックする頂点の位置によって異なる結果が得られます。集計後の面積の違いは微量です。

追記②:「実面積を集計」において表の上欄に名称を記載する機能については別ソフト「JG_室別面積」と併用して使用する際に有効となります。

補足:線(色)番号及び文字種は1~9(10)以外の番号を入力すると現在設定で描画されます。
       
【7】「OK」ボタンを押すと、Jw_cadの画面に三斜求積図と求積表が描画される。