JG_一括面積

JG_一括面積 実行画面

JG_一括面積は、通り芯や壁芯等で囲われた領域の面積(室面積)を一括で算出できる外部変形(ソフト)です。三角形から多角形まで様々な領域の面積を一度に算出し、各領域の領域の概ね中央に記載します。

ラフな通り芯や補助線から面積算出が可能

領域を構成する線分が余分に伸びている場合でも、領域が閉じてさえいれば面積を算出できるので、通り芯と補助線から室(区画)面積を算定できます。

JG_一括面積 実行画面2

面積が記載される位置は正確には領域の重心になります。領域が整形な場合は概ね中央になりますが、廊下の場合等領域が不規則な場合は重心位置が中央部から外れることがありますので注意して下さい。

記載仕様として、面積は小数点第6位(四捨五入のみ)まで求められるほか、使用する文字種を設定できます。また、以下の3つのオプションを利用できます。

①面積の上部に室名を追記。

②室面積の合計を記載。

③面積データをEXCELに書き出し。

JG_一括面積 室名入力画面(A図)

①はブロックプランの作成を補助する機能で、各々の領域に室名や区画名を記載することができます。室(区画)名は面積の上部に記載されます。

JG_一括面積 室名と面積が入力されたブロックプラン

②は選択した領域面積の合計を記載する機能です。個々の領域が「室」で全体が「フロアプラン」であることを想定し「床面積:〇〇〇㎡」という表現で、全領域の重心位置に記載されます。

JG_一括面積 EXCELに書き出された室名と面積

③は領域の面積のリストとしてEXCELに書き出す機能です。①で室名を入力した場合は、その室名も合わせて出力されます。採光面積や排煙面積の算出に利用することを想定しています。

ソフトの操作方法は、以下の通りです。

【1】zipファイルを解凍し、JWWファイル内または任意の場所に保管する。

【2】Jw_cadの[その他]メニュから外部変形コマンドを選択する。

【3】ファイル選択で、保管した場所にある「JG_一括面積」フォルダ内の一括面積.BATをクリックする。

【4】Jw_cadのトップメニュー下に、「算定範囲を一括読み取り」と表示されるので、領域を構成する線分を全て選択し、「選択確定」ボタンを押す。

 補足:領域を構成する通り芯や面積芯などを事前にレイヤ分けしておくと便利です。

JG_一括面積 描画設定フォーム

【5】描画設定フォームが立ち上がるので、<記載仕様>の小数点以下の桁数に0~6の数字を入力し、使用する文字種に1~10の数字を入力する。次に室(区画)名を入力する場合はチェックボックスにチェックを入れる。次に面積をExcelに書き出す場合はチェックボックスにチェックを入れる。

 補足:文字種は1~10以外の番号を入力すると現在設定で描画されます。また、描画されるレイヤは現在層です。

【6】「OK」ボタンを押すと室(領域)面積の合計が表示される。再度「OK」ボタンを押すとJw_cadの画面に各室(領域)の面積と室面積の合計(床面積)が記入される。

 <「室(区画)名を入力」チェックボックスにチェックを入れた場合>

【A】室名記入フォーム(A図)が立ち上がり、番号が記入された平面図(単線プラン)が表示されるので、右上の室(区画)リストから番号を選択し、室(区画)名テキストボックスに室(区画)名を記入し「入力」ボタンを押す。全ての入力が完了した際は「完了」ボタンを押す。

 補足:室名は何度でも書き換えることができます。

 <「面積をExcelに書き出す」チェックボックスにチェックを入れた場合>

【A】ファイル選択フォームが立ち上がるので、①「新規ファイルを作成」するか②「既存ファイルを上書き」するかを選択する。

 ≪ ① 新規ファイルを作成 ≫

【ア】書出し設定フォームが立ち上がるので、シート名と先頭セル(例:「A1」)を入力し、「OK」ボタンを押す。

【イ】Excelへの出力が完了すると、「書き出しが完了しました。」のメッセージが表示され、続けて「名前を付けて保存」のダイアロボックスが立ち上がるので、ファイル名を記入して保存する。

 ≪ ② 既存ファイルを上書き ≫

【ア】上書きするファイルを選択する(「開く」)ダイアロボックスが立ち上がるので、ディレクトリーからファイルを選択し、「開く」ボタンを押す。

【イ】書出し設定フォームが立ち上がるので、シート名と先頭セル(例:「A1」)を入力し「OK」ボタンを押す。

 注意:入力したシート名がブックに無い場合は、入力名のシートが新規に作成されます。

【ウ】Excelへの出力が完了すると、「書き出しが完了しました。」のメッセージが表示される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です