JG_車両軌跡

ロータリーやバックヤードの車の回転、出入口の幅員などを検討する際に、平面図に車の軌跡を描いて確認しますが、JG_車両軌跡は、その軌跡図を簡単につくるJw_CADの外部変形(ソフト)です。車両タイプは軽自動車から大型トラックまで11種類の標準タイプが揃っているほか、これらの各部の寸法を任意に調整してカスタマイズすることができます。

作図設定として、外接円、内接円、車両軌跡を記載するか選択することができます。また、回転角度、車両の描画間隔を度数で設定することが可能です。

JG_車両軌跡 実行画面(上:車両軌跡のみ、左下:外接円有、右下:内接円有)

操作方法は、以下の通りです。

【1】zipファイルを解凍し、JWWファイル内または任意の場所に保管する。

【2】Jw_cadの[その他]メニュから外部変形コマンドを選択する。

【3】ファイル選択で、保管した場所にある「JG_車両軌跡」フォルダ内の車両軌跡.BATをクリックする。

外部変形_車両軌跡.BATの選択

【4】Jw_cadのトップメニュー下に、◎配置基準点指示と表示されるので、点をクリック(左クリック(L)で任意点、右クリック (R)で読取点)する。

Jw_cadのトップメニュー下の操作表示

【5】作図設定フォームが立ち上がるので、Ⅰ車両種別のリストにある11タイプの車両( ①軽自動車 ②小型乗用車(5ナンバー)③普通乗用車(3ナンバー)④普通乗用車(高級車) ⑤マイクロバス(定員15人) ⑥小型バス(定員29人) ⑦中型バス(定員64人)、大型バス(定員92人)、小型トラック(2t)、中型トラック(4t)、大型トラック(8t)、大型トラック(11t))の中から該当する車種を選択し「Ⅰ車両決定」ボタンを押す。該当する車種が無い場合はⅡ部材寸法で任意の値を入力する。

 

JG_車両軌跡 作図設定フォーム

【6】【5】で「Ⅰ車両決定」ボタンを押すと、Ⅱ部材寸法(車体の長さ、車体の幅、オーバーハング前、オーバーハング後、輪距、最小回転半径)の各ボックスに標準値が自動入力される。確認後、変更する項目がある場合はボックスに任意の数値を入力する。【5】で車両タイプを選択しない場合は、各ボックスに任意の数値を手入力する。

【7】Ⅲ作図仕様の外接円、内接円、車両軌跡を描画するか設定する。描画する場合は、描画内容(外接円、内接円、車両軌跡)の各チェックボックスにチェックを入れる。最後に、回転角度と描画間隔を度数で設定する。

【8】「完了」ボタンを押すとJw_cadの画面に車両の回転軌跡が描画される。

補足:線(色)番号は現在設定が採用されます。

One Reply to “JG_車両軌跡”

  1. 古川様、お疲れ様です。
    JG_車両軌跡 を使させていただきたくご連絡いたしました。
    有用なソフトウエアのの開発、及びご提供誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です